来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 賃貸のワンルームと1Kの違いってなに?メリットとデメリットは?

賃貸のワンルームと1Kの違いってなに?メリットとデメリットは?

≪ 前へ|恵比寿で子どもとお出かけするなら!渋谷区ふれあい植物センターへ   記事一覧   賃貸でもできるベランダガーデニング!気をつけるポイントや人気植物は?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件について

賃貸物件を探しているとよく目にする間取り、ワンルームと1K。

 

どちらを選ぼうか迷われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

また、実際どう違うの?という疑問もあるのではないでしょうか。

 

今回はワンルームと1Kについての違いや、それぞれのメリットやデメリットについて紹介します。

 

賃貸物件探し、知っておきたいワンルームと1Kの違いとは?

 

賃貸のワンルームと1Kの違いってなに?メリットとデメリットは?


 

ワンルームとは、仕切りがなくすべて1つの部屋に収まっているタイプの間取りのことです。

 

多くの場合、ワンルームには小さめのミニキッチンが設置されていて、水回り3点セットのトイレ・洗面・浴室シャワーが1つとなったタイプの設備が設置されています。

 

玄関のドアを開ければ、お部屋からベランダまで見渡せるタイプの部屋です。

 

ちなみに最近のおしゃれなワンルームの場合は、「スタジオ(Studio)」と記載されていることも。

 

「ワンルーム」は和製英語で、本来英語でワンルームに該当する単語は、「Studio room」であることからでしょう。

 

1Kとはキッチンと居住スペースが、ドアで区切られている間取りのことです。

 

玄関から部屋への廊下にキッチンが設置され、バストイレなどの水回りも居住スペースの外にあることがほとんどです。

 

賃貸のワンルームと1Kのメリットとデメリットについて

 

ワンルームのメリットは、1つの部屋で空間が広く感じ、家賃は1Kよりも安い傾向にある点です。

 

ただ賃貸の家賃は、広さだけではなく築年数にも比例しているため、たとえば広さを優先する場合、築年数の経過した1Kのほうがワンルームに比べて安いこともあります。

 

なるべく新しい物件に住みたければ、ワンルームのほうが予算内におさめやすいでしょう。

 

1Kのメリットは、キッチンと居住スペースが分かれているので、ニオイが広がりにくい、冷蔵庫の音も気にならないなどの点が挙げられます。

 

居住ペースを広くとれるので、落ち着いた空間となります。

 

また、自炊をあまりしない人にとっては、キッチンが居住スペースと分かれている点が良いという声も。

 

デメリットとして、冬場は廊下でお料理するのは寒いなどの意見もあります。

 

ワンルームの間取り図で6畳と表記されている場合、キッチンなどもすべて含んだスペースを指す場合があると、実際の居住スペースはせまめになるので、要注意です。

 

内見や賃貸契約をする前に必ず確認することをオススメします。

 

まとめ

 

ワンルームと1Kの違いについて紹介しました。

 

どちらにもメリット・デメリットがあるので、生活スタイルや金額など、様々な側面から検討してください。

 

お気に入りの物件に出会い、理想の暮らしを送るために、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

株式会社エビス・リビングでは、恵比寿の賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

女性向けの賃貸物件もご紹介可能ですので、恵比寿にお引っ越しをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|恵比寿で子どもとお出かけするなら!渋谷区ふれあい植物センターへ   記事一覧   賃貸でもできるベランダガーデニング!気をつけるポイントや人気植物は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る