来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 賃貸物件でカップルが同棲をするときにおすすめの間取りは?

賃貸物件でカップルが同棲をするときにおすすめの間取りは?

≪ 前へ|賃貸物件で洗濯機の置き場を選ぶポイントは?メリットデメリットから考える!   記事一覧   賃貸でカップルが同棲をするときに後悔しないポイント|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件について

結婚前のお試し期間として同棲を選ぶカップルが増えていますが、一人暮らしとは必要な設備や適する広さが異なります。

 

賃貸を探す際にどのような点に注目する必要があるのか、この記事で詳しく解説していきます。


賃貸物件でカップルが同棲をするときにおすすめの間取りは?


カップルでの賃貸暮らしにおすすめの間取り

 

カップルで賃貸物件に暮らすときにおすすめの広さは、1LDKまたは2LDKです。

 

なぜこの2タイプをおすすめするのか、理由を下で解説していきます。

 

〈1LDKのメリット・デメリット〉

 

1LDKのメリットは、常に2人で一緒にいられることです。

 

これは、間取りがLDKと洋室の2部屋のみであることにより、同じ居住空間内で顔を合わせて生活ができる利点があります。

 

結婚前に2人で常に一緒にいる環境に身を置き、末長く一緒に生活できるかを試すのに最適ですね。

 

一方、自分専用の部屋がないので1人の時間を持てないことがデメリットです。

 

喧嘩をしてしまっても、相手と顔を合わせることになるので窮屈に感じるでしょう。

 

〈2LDKのメリット・デメリット〉

 

2LDKのメリットは、部屋数が多いことと、部屋が広いことです。

 

リビング部分とは別に2部屋ある間取りなので、2人のプライバシーを保てることが利点です。

 

なお、結婚後に家族が増えても同じ賃貸に住み続けることが可能なので、未来を見据えた部屋選びに適しています。

 

一方、デメリットは家賃が高いことです。

 

一般的に、2LDKの部屋は1LDKよりも約2万円家賃が上がるため、収入に余裕があることが大前提です。

 

家賃にお金をかけすぎて生活が圧迫するのであれば、2LDKを選ばないほうが得策です。


カップルでの賃貸暮らしにおすすめの設備

 

カップルで同棲をするときにおすすめの設備は、

 

・バストイレ別

・収納スペース

・駐車場付き

 

の3点です。

 

なかでも、バストイレ別の物件は必須条件だと考えるカップルが多いです。

 

一人暮らしでもバストイレ別のほうが使い勝手が良い分、同棲するとなると余計にこだわってしまいますよね。

 

また、2人で暮らすので物も2倍に増えることから、大きめの収納棚が必要です。

 

新たに収納棚を買うと幅をとってしまうので、もともと備え付けされている物件を選びたいですよね。

 

この他、駐車場についても車を使う人には必要になります。

 

しかし、2人の生活パターンや住む地域によっては必要がなくなるので、「あったら良いな」程度に考えておきましょう。

 

2人がストレスなく生活しやすいように、あらかじめ双方にとって必要な設備を挙げておくことが大切です。


まとめ

 

恋人との同棲はとてもワクワクしますよね。

 

せっかく同棲するのであれば、ずっと仲良くいれるよう、事前に部屋の間取りと設備を考えて長く暮らせる賃貸を選びましょう。

 

今回おすすめした間取りと設備は、多くのカップルに人気のあるタイプなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 株式会社エビス・リビングでは、恵比寿の賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

恵比寿へのお引っ越しをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|賃貸物件で洗濯機の置き場を選ぶポイントは?メリットデメリットから考える!   記事一覧   賃貸でカップルが同棲をするときに後悔しないポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る