来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 違いを知っている?バルコニーとルーフバルコニーそれぞれの注意点や特徴は?

違いを知っている?バルコニーとルーフバルコニーそれぞれの注意点や特徴は?

≪ 前へ|賃貸のベランダでもできる! 夏におすすめのグリーンカーテンとは?   記事一覧   賃貸の原状回復義務はどこまでが入居者負担なの? 概要や負担範囲を解説|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件について
ルーフバルコニーとバルコニー、その定義の違いをご存知でしょうか。

ルーフバルコニーとバルコニーは構造上大きく異なり、注意点や特徴も違います。

今回は、そんなバルコニーとルーフバルコニーの違いや活用方法を解説します。

バルコニーのイメージ画像


バルコニーやルーフバルコニーの違いとは?それぞれの特徴は


バルコニーとは、わかりやすく説明すると屋根のないベランダのことです。

バルコニーもベランダも建物の外に突き出したスペースですが、屋根があればベランダ、屋根がなければバルコニーとなります。

一方、ルーフバルコニーとは、階下の部屋の屋根を利用してつくられた屋外のスペースのことです。

ルーフバルコニーは、ベランダやバルコニーと比較して面積が広いのが特徴です。

そのため、ガーデニングをしたり、テーブルやチェアを置いて外での食事を楽しんだりすることもできます。

洗濯物を一度にたくさん干すことができるのも魅力ですね。

なお、マンションなどでは、バルコニーとルーフバルコニーは専有スペースではなく共用スペースに当たります。

バルコニーやルーフバルコニーの違いとは?それぞれの注意点と活用方法


バルコニーやルーフバルコニーには屋根がないので、注意しなければいけないのは天候の変化です。

雨が突然降ってくることもあるので、洗濯物を干すときは注意が必要です。

日差しが直撃するので家具などを設置する場合は、日焼けしてしまうこともあります。

また、ルーフバルコニーの特有の注意点として、雨漏り被害が挙げられます。

通常のベランダよりルーフバルコニーは面積が広いので、雨漏りが起こりやすいのです。

ルーフバルコニーは階下の屋根部分なので、雨漏りをした場合は階下の居室への被害が大きいことを覚えておきましょう。

次にバルコニー、ルーフバルコニーの活用方法について紹介します。

お子様のプールや星空観測、ガーデニング、テーブルを設置して外での食事など、広さや開放感を利用して楽しむことができます。

タイルやウッドデッキパネルなどを敷き詰めて、アウトドアリビングとして活用するのもおすすめです。

しかし、先ほども触れたようにバルコニーもルーフバルコニーもマンションの共用部分という扱いです。

BBQなどの食事をしたり、プールなどで遊んだりするときは、近隣の方の迷惑にならないようにマナーを守りましょう。

マンションの管理規約やローカルルールなどを、きちんとチェックしておくと安心ですね。

まとめ


今回は、バルコニーとルーフバルコニーの違いと活用方法について解説しました。

バルコニーやルーフバルコニーは、家庭菜園やリビングの延長として活用すると暮らしがグッと楽しくなります。

ベランダとバルコニーとルーフバルコニー、物件を探す際はそれぞれの違いを把握しておくと良いですね。

株式会社エビス・リビングでは、恵比寿の賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

恵比寿へのお引っ越しをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。


≪ 前へ|賃貸のベランダでもできる! 夏におすすめのグリーンカーテンとは?   記事一覧   賃貸の原状回復義務はどこまでが入居者負担なの? 概要や負担範囲を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る