来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 賃貸マンションの更新と引越しどっちがお得?比較してみよう!

賃貸マンションの更新と引越しどっちがお得?比較してみよう!

≪ 前へ|同じマンション内での引越しはできる?賃貸借契約の方法も紹介!   記事一覧   恵比寿で子どもと一緒に楽しむならここ!景丘の家を紹介|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件について

賃貸マンションに住んでいると、定期的に更新手続きの書類が送られてきますよね。

 

更新にはまとまったお金がかかるので「いっそ引越してしまったほうがお得なのでは?」と思う方もいるかもしれません。

 

実際のところ、契約の更新をするのとほぼ同じ家賃の物件に引越すのとでは、どっちがお得なのでしょうか?


更新と引越しどっちがお得?


更新と引越しのどっちを選ぶべき?それぞれのメリットとは?

 

現在の物件を更新すべきか、思い切って引越しすべきかと悩んでいるのなら、まずはそれぞれのメリットを比較してみましょう。

 

<更新をして住み続けるメリット>

 

現在の賃貸物件を更新するメリットは、なんといっても同じ場所に住み続けられるということです。

 

引越しにはまとまったお金がかかるうえに、煩雑な手続きが多く手間もかかります。

 

更新だけであれば手続きはさほど難しくなく、引越しと比べて出費を抑えることができます。

 

<引越しをするメリット>

 

更新時期の前に、思い切って引越しをするという方法もあります。

 

引越しには、新しい環境で気持ちよく生活をスタートできるというメリットがあります。

 

今の部屋に不満がある方や、もっと家賃が安い物件に住みたい方は、更新に合わせて引越しをするのもよいでしょう。

 

更新と引越しの違いや費用を比較して、どっちを選ぶか決めよう

 

<更新をするときにかかる費用>

 

現在住んでいる物件を更新する場合は、更新料と更新事務手数料、火災保険料などを支払うことになります。

 

賃貸物件の更新料は一般的に家賃の1~2ヶ月分なので、たとえば家賃が6万円なら更新月には12~18万円ほどのお金が必要です。

 

<引越しをする場合にかかる費用>

 

一般的には、引越しをするときの初期費用は家賃の5ヶ月分用意しておくべきといわれています。

 

引越しをすると、初期費用として家賃のほかに敷金1~2ヶ月分、礼金1~2ヶ月分が必要です。

 

たとえば現在家賃6万円の物件に住んでいるのなら、敷金と礼金がそれぞれ1ヶ月分だとしても家賃6万円+敷金6万円+礼金6万円で18万円もかかることになります。

 

引越しの費用や火災保険料に加えて、保証会社利用料や室内クリーニング費用を支払うケースもあります。

 

まとめ

 

引越しは、契約の更新に比べてかなりの出費がかかります。

 

とはいえ、今の暮らしで不満に思っていることを解消したいのなら、引越しをするのもひとつの方法といえます。

 

まずは現在の暮らしの問題点について考えたうえで、更新と引越しのどっちを選ぶか決めるとよいでしょう。


株式会社エビス・リビングでは、恵比寿の賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

恵比寿へのお引っ越しをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

≪ 前へ|同じマンション内での引越しはできる?賃貸借契約の方法も紹介!   記事一覧   恵比寿で子どもと一緒に楽しむならここ!景丘の家を紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る