来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 賃貸でエアコンクリーニングの依頼ってしていいの?自分で掃除するなら?

賃貸でエアコンクリーニングの依頼ってしていいの?自分で掃除するなら?

≪ 前へ|賃貸物件の設備で人気なものって?オートロックやバストイレ別とは?   記事一覧   賃貸で人気のある設備は宅配ボックスに決まり!種類や注意点って?|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件について

エアコンクリーニングとは、専用の業者に依頼して、エアコンの内部を掃除してもらうものです。

 

賃貸の場合、エアコンのクリーニングは依頼してもいいのでしょうか?

 

今回は、賃貸でエアコンクリーニングを依頼していいのか、するとしたら費用の負担は誰なのかについてご紹介します。

 

また自分で掃除をする方法についてもご紹介します。

 

賃貸のエアコンクリーニングをする際の費用負担は?

 

賃貸でエアコンクリーニングの依頼ってしていいの?自分で掃除するなら?

 

賃貸のエアコンについて、まずお部屋に備え付けのエアコンの場合は、オーナーの所有物になり、管理もオーナーが責任をもっておこないます。

 

部屋の設備や備品についての定期的な掃除は入居者の責任となり、故障や老朽化のため取り換えなどの場合、オーナーの責任です。

 

したがって備え付けのエアコンについて、入居者のできる範囲で掃除をしていても、異臭がしたり、エアコンの効きが悪かったりする場合、オーナーに相談しましょう。

 

オーナーがエアコンクリーニングを必要と判断した場合、費用もオーナーが負担します。

 

また入居して間もないのにエアコンがくさい、動きが悪い場合はオーナーにすぐ連絡し、対応してもらいましょう。

 

賃貸の場合、エアコンの所有者が入居者だとしてもオーナーの許可が必要です。

 

エアコンのクリーニングを依頼すると、室内で水を使用するので、万が一の水漏れ事故やその他にトラブルになった場合に備えて、オーナーに連絡をし許可をもらいましょう。

 

賃貸のエアコンを自分で掃除する方法について

 

賃貸に備え付けのエアコンでも、入居期間中は入居者が掃除をする責任があります。

 

夏場や冬場、よくエアコンを使用する季節は、2週間に1回の割合が目安です。

 

あまり使わない季節は、月に1回のペースでよいでしょう。

 

では、エアコンの掃除方法をご紹介します。

 

<手順>

1.エアコンのコンセントを抜く

2.フィルターを外し、下に新聞紙などを敷いて、表から裏面の順番で掃除機をかける

3.裏面からフィルターを水洗いし、汚れを歯ブラシなどでこすり取る

4.エアコンの吹出口や枠の汚れをぞうきんで拭く

5.内部の熱交換器(冷却フィン)表面のホコリを掃除機でそっと吸い取る

6.フィルターを完全に乾かした後、元に戻す。

 

掃除のポイントは、フィルターにホコリをためないように、こまめなメンテナンスをすることです。

 

フィルターが汚れているとニオイの原因になったり、カビが発生したりとトラブルになります。

 

内部の熱交換器周辺は、ゴシゴシ雑巾で拭くと故障の原因になるので、あくまでも表面のホコリをそっと掃除機で吸い取りましょう。

 

まとめ

 

賃貸のエアコンについてクリーニングの依頼方法や、費用負担について、また自分で掃除する方法についてご紹介しました。

 

面倒になりがちなエアコン掃除ですが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

株式会社エビス・リビングでは、恵比寿の賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

女性向けの賃貸物件もご紹介可能ですので、恵比寿にお引っ越しをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
≪ 前へ|賃貸物件の設備で人気なものって?オートロックやバストイレ別とは?   記事一覧   賃貸で人気のある設備は宅配ボックスに決まり!種類や注意点って?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る