来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 賃貸の単身者専用物件での同棲はNG?その理由は?

賃貸の単身者専用物件での同棲はNG?その理由は?

≪ 前へ|賃貸の一人暮らしでもソファを置きたい!選び方のポイントを解説   記事一覧   子どもがいたらチェックしよう!恵比寿にあるおすすめの小児科2選|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件について

賃貸には、ペットを飼育できる物件や楽器を演奏できる物件など、いろいろなニーズに応えるための物件があります。

 

そのうちの1つに「単身者専用物件」といって、一人暮らし専用の物件があります。

 

最初は一人暮らしのつもりで単身者専用物件を契約した人が、付き合っている相手と同棲することになった場合には、どうしたらよいでしょうか?

 

今回は、賃貸の単身者専用物件での同棲ができるかについて解説します。

 

賃貸の単身者専用物件での同棲がダメな理由について

賃貸の単身者専用物件での同棲はNG?その理由は?


 

単身者専用物件は、一般的な賃貸物件とは違い、マンションやアパートの1棟全室が一人暮らし専用の物件です。

 

お部屋の賃貸契約を結ぶ際に、単身者専用物件であることが前提として契約を交わしているので、そこで同棲をすることは契約違反になります。

 

ですから賃貸の単身者専用のお部屋で同棲はできません。

 

2人で居住の場合、1人住まいよりも部屋にかかる負荷が大きく、キッチンやお風呂、トイレといった設備の磨耗も早くなります。

 

また、他の居住者への配慮や、公平性を保てなくなるなどの問題があります。

 

このような理由から、単身者専用の物件では同棲が契約で禁じられているのです。

 

では同棲ではなくて、「泊まっている」とすればどうでしょうか?

 

1、2日の宿泊で、そう頻繁なことではないのであれば、見逃してもらえるケースがほとんどのようです。

 

しかしある特定の人が週に何度も泊まるようになれば、半同棲状態とみなされ、契約違反に当たる可能性が高くなります。

 

知らずに同棲を始めてしまい、気づかないうちに契約違反となっていたということにならないためにも、まずは契約を確認しておきましょう。

 

賃貸の単身者専用物件での同棲した場合のトラブルについて

 

「誰にも言わないし、バレなきゃ大丈夫」…そんな軽い気持ちで、単身者専用物件で同棲すると、思わぬトラブルに発展してしまうこともあります。

 

自宅では静かにゆっくり過ごしたい、子どもの足音などの騒音トラブルに悩まされたくないなどを望む人が単身者専用物件を選ぶ傾向にあります。

 

2人で暮らすとどうしても話し声や生活音が大きくなるため、このような環境下では周囲から騒音ととらえられる可能性が高くなります。

 

また、自分はしないようにしているのに、どうしてあの部屋だけ、と、そもそも良く思われないことから苦情に発展するケースもあります。

 

トラブルとなった場合、大家さんや管理会社にバレるだけではなく、最悪の場合、契約解除や、更新ができない、退去をお願いされるなどの事態になることもあり得ます。

 

単身者専用でない物件であっても、同棲を始める場合は、まず大家さんや管理会社に連絡を入れて、同居人が増えることを伝え、許可をもらいましょう。

 

OKがでれば、契約の変更手続きをして、同棲を開始できます。

 

まとめ

 

単身者専用物件では同棲ができないこと、その理由や想定されるトラブルについて解説いたしました。

 

幸せな生活がトラブルの元にならないよう、この記事が参考になれば幸いです。

 

株式会社エビス・リビングでは、恵比寿の賃貸物件を多数ご紹介しています。

 

女性向けの賃貸物件もご紹介可能ですので、恵比寿にお引っ越しをご検討中の方は、ぜひ当社までお問い合わせください
≪ 前へ|賃貸の一人暮らしでもソファを置きたい!選び方のポイントを解説   記事一覧   子どもがいたらチェックしよう!恵比寿にあるおすすめの小児科2選|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る