来店予約

恵比寿の賃貸|エビス・リビング > 株式会社エビス・リビングのブログ記事一覧 > 憧れの恵比寿で賃貸を探したい!いつがいいの?

憧れの恵比寿で賃貸を探したい!いつがいいの?

≪ 前へ|高級子供服ならこの店!輸入子供服を扱うTaKaKo   記事一覧   恵比寿駅周辺の婦人科|次へ ≫
カテゴリ:恵比寿の魅力
恵比寿といえば誰もがあこがれる住みたい街のランキングでは常に上位ですね。
交通の利便性の高さ、多様な店やサービスがありハイセンスなイメージからも女性に人気のある街です。

そんな街で賃貸物件を探すとき繁忙期と閑散期では違いがあるのでしょうか。
今回はその違いについて説明したいと思います。


【繁忙期のポイント】


・1月~3月
不動産会社の売上はこの時期が年間の半分以上と言われるほど、季節の変わり目に退去していく人、大学入学や移動・転勤で入ってくる社会人で大変に忙しくなる時期です。

しかし基本的に大家さんやオーナーはすぐ入居して家賃を入れてくれる人を優先するため入居する1か月前に契約を済ませましょう。
学生さんは難しいかもしれませんが、交通機関などで移動できる範囲に住んでいるのなら1月2月に早め早めに物件を抑えるのも良いでしょう。3月には自分の希望に合う物件が売り切れてしまうかもしれません。

ただ、繁忙期で借り手一人一人にあまり時間をかけられないこともありますので、下調べはもっと以前よりしておいた方が良さそうです。
全国規模の不動産会社を選ぶよりも恵比寿に特化した不動産会社など、地域に詳しい会社を選んだ方が安心です。

【閑散期のポイント】


・4月~8月
3月の繁忙期を避け、夫婦またはカップルで物件を4月ごろから探す人が多くなるようです。ただ、ゴールデンウイークに休む不動産会社もあるため比較的な時間が取れる人向けかもしれません。
しかし7月、8月は真夏なので暑さからなかなか賃貸の内覧をするのは大変ですね。
いずれにせよ4月~8月は繁忙期が終わり人気のものから売れていくので、比較的物件が探しにくいデメリットがあるようです。

そのかわり大家さん(オーナー)にとっては借りに来る人が少なくなっても物件を売り続けていきたいので、家賃を下げるなどのサービスで集客をするところもあるのがメリットです。
しかしながら、大幅に相場より安くしたり好条件を揃えて集客しようという悪質な不動産業者も中にはいることから、見極めは大事です。


・9月~12月
この時期は夏の暑さも過ぎ、不動産会社は1月~3月の繁忙期に向けてリフォーム、建築など準備を進めていきます。
ですからゆっくりと内覧をしながら探していくことができますし、1月までに完成した新築物件を契約するのに良い時期です。

それを見込んで12月など繁忙期直前には夏安かった物件を値上げしていく不動産会社もありますが、どうしても1月~3月に引っ越しをするというのでなければ狙い目の時期といえるでしょう。

【まとめ】


繁忙期・閑散期のメリットをお伝え致しました。
もちろん恵比寿といった人気地区には契約したい人々が他の地域より基本的に競争率が高いため、借りる側としても早め早めに計画をしておきたいところです。
せっかく恵比寿に住むのですから、入念に準備をして満足のいく賃貸物件を借りたいものですね。




≪ 前へ|高級子供服ならこの店!輸入子供服を扱うTaKaKo   記事一覧   恵比寿駅周辺の婦人科|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る